<< カンカン唄録音始まります。 | main | Webスワヒリ語教室の更新、緩慢になります。 >>

歌はいつも危機はらみ

0

     夏紀行は止まったままで大変に申し訳ございません。

     

     さてさて、またしても歌収録は危機的状況に。

     カンカン唄の歌い手さん(様と敬称を添付したいです)に関しましては、こちらではどうすることもできず、なにか事態が勃発するとただただ青ざめるばかりです。

     今回はメインの歌い手様の体調不良ということで、検査の結果を待っております。ヤバいです。

     

     ここで歌い手様関係に関するこれまでの数々の失敗の傾向をまとめて「ご披露」いたしたいと思います。

    ・まず、企画自体が怪しげで無謀なので、歌い手様じたいが集まらない。

    ・とりあえずの目的はありますが、現実問題それが達成出来る可能性は低い。仮に達成できるとしても要する時間が長い。そのため「説明責任を求められ、トラブルになる」。

    ・トラブルになるのを恐れ、新たな出会いを求められない。おのずから質と量は低下していく。

     

     それでも世の中に「すごくうまくもないし」「そんなにへたっぴいでもない」というグレーゾーンは大切だと思うのです。グレーゾーンがない1か100かの世界はありえないしで、とりあえず下方のグレーゾーンでもいいから継続していこうというのは、カンカン唄の姿勢でございます。

     2016年にかけては、長期の歌い手様をより確保すべく、よりよい映像なりを作成しなければな、と肝に銘じるカンカン仲間でございました。



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    selected entries
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座